×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肌荒れとストレス

肌荒れ(はだあれ)になる原因(げんいん)は様々(さまざま)あります。中でも(なかでも)主な(おもな)原因(げんいん)であると言わ(といわ)れているストレスによる肌荒れ(はだあれ)との関係(かんけい)について説明し(せつめいし)ていきたいと思い(とおもい)ます。まず、ストレスについて説明し(せつめいし)ていきます。ストレスとは、以下(いか)によって分類(ぶんるい)されます。1.環境的(かんきょうてき)な要因(よういん)暑い(あつい)、寒い(さむい)、不快(ふかい)な騒音(そうおん)、睡眠(すいみん)不足(ぶそく)など2.精神的(せいしんてき)な要因(よういん)怒り(いかり)、不安(ふあん)、心配(しんぱい)、悲しみ(かなしみ)、緊張(きんちょう)など3.社会的(しゃかいてき)な要因(よういん)職場(しょくば)環境(かんきょう)や家庭(かてい)環境(かんきょう)など体(からだ)や心(こころ)に生じる(しょうじる)ひずみであると言わ(いわ)れています。ストレスと感じる(かんじる)事(こと)は人によって(ひとによって)それぞれとなりますが、多く(おおく)は仕事(しごと)における人間(にんげん)関係(かんけい)、子育て(こそだて)における不安(ふあん)、不満(ふまん)、憤り(いきどおり)などに精神的(せいしんてき)ストレスを感じる(かんじる)方(ほう)がいます。ストレスと感じる(かんじる)事柄(ことがら)が強かっ(つよかっ)たり、長期間(ちょうきかん)続い(つづい)たりすることで心身(しんしん)が耐え(たえ)られなりひずみを生じ(しょうじ)た結果(けっか)、ストレス病(びょう)となります。ストレスと肌荒れ(はだあれ)の関係(かんけい)について説明(せつめい)します。人間(にんげん)の肌(はだ)は体(からだ)の外(そと)から刺激(しげき)を受け(うけ)ますが、体内(たいない)からは神経性(しんけいせい)やホルモンの影響(えいきょう)を多く(おおく)受け(うけ)ますので、ストレスが積み重なる(つみかさなる)事(こと)で肌荒れ(はだあれ)となって症状(しょうじょう)が現れる(あらわれる)事(こと)もあります。人間(にんげん)はストレスがたまってくると脳(のう)の交感神経(こうかんしんけい)が興奮(こうふん)して、ストレスホルモンが分泌(ぶんぴつ)されます。人体(じんたい)や肌(はだ)が持っ(もっ)ている免疫力(めんえきりょく)が低下(ていか)するという症状(しょうじょう)が起き(おき)ます。免疫力(めんえきりょく)が低下(ていか)すると、どう言うこと(いうこと)がおきるかというとまず新陳代謝(しんちんたいしゃ)が活発(かっぱつ)に行われ(おこなわれ)、新しい(あたらしい)細胞(さいぼう)が次々(つぎつぎ)に生まれ(うまれ)ます。正常(せいじょう)は古い(ふるい)細胞(さいぼう)が順に(じゅんに)剥がれ(はがれ)落ち(おち)ていくのですが行われ(おこなわれ)なくなったり、皮脂(ひし)の過剰(かじょう)な分泌(ぶんぴつ)や紫外線(しがいせん)によるメラニンの増加(ぞうか)が促進(そくしん)し、色々(いろいろ)な肌荒れ(はだあれ)を起こし(おこし)ていきます。

肌荒れ

肌荒れになる原因は様々あります。

肌荒れ