×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肌荒れと生理

まず肌荒れ(はだあれ)に影響(えいきょう)のある生理(せいり)そのもののメカニズムを理解(りかい)しましょう。生理(せいり)とは、当然(とうぜん)の事(こと)ながら女性(じょせい)だけにある妊娠(にんしん)するためのしくみではありますが、健康(けんこう)な成人(せいじん)女性(じょせい)であれば、女性(じょせい)ホルモンの働き(はたらき)によって、約(やく)1ヶ月(かげつ)の周期(しゅうき)で排卵(はいらん)と生理(せいり)がおこります。女性(じょせい)の肌(はだ)は月経(げっけい)の周期(しゅうき)と関係(かんけい)が深く(ふかく)、ホルモンの状態(じょうたい)が変化(へんか)するため肌荒れ(はだあれ)の原因(げんいん)となります。肌荒れ(はだあれ)と月経(げっけい)周期(しゅうき)の状態(じょうたい)について紹介(しょうかい)します。1.卵胞(らんぽう)期(き)(生理後(せいりご)8〜10日間(にちかん)位(くらい))排卵(はいらん)の準備(じゅんび)をするホルモンが分泌(ぶんぴつ)され子宮内膜(しきゅうないまく)が増殖(ぞうしょく)します。心(こころ)も体(からだ)も快適(かいてき)で、肌荒れ(はだあれ)などトラブルもなく安定(あんてい)している時期(じき)です。2.排卵期(はいらんき)(生理後(せいりご)14〜15日目(にちめ)位(くらい))卵巣(らんそう)の中(なか)で成熟(せいじゅく)した卵胞(らんぽう)となった卵(たまご)が、卵胞(らんぽう)壁(かべ)を破っ(やぶっ)て卵子(らんし)が飛び出す(とびだす)のですがこれを排卵(はいらん)と言います(いいます)。排卵後(はいらんご)となるこの時期(じき)の肌(はだ)は、皮脂(ひし)の分泌(ぶんぴつ)が多く(おおく)なり脂(あぶら)っぽくなってきます。にきびができたり肌荒れ(はだあれ)を起こし(おこし)やすい状態(じょうたい)となります。3.黄体期(おうたいき)(生理前(せいりまえ)の10〜12日間(にちかん)位(くらい))妊娠(にんしん)のための準備(じゅんび)をするホルモンが分泌(ぶんぴつ)され、受精卵(じゅせいらん)の着床(ちゃくしょう)を待っ(まっ)ている時期(じき)です。生理前(せいりまえ)の不快(ふかい)な症状(しょうじょう)が出(で)やすくなり、肌荒れ(はだあれ)やにきびができやすくなります。普段(ふだん)使い慣れ(つかいなれ)た化粧品(けしょうひん)でもノリが悪かっ(わるかっ)たり、肌荒れ(はだあれ)をしたりすることもあります。4.生理(せいり)期(き)(約(やく)5〜7日間(にちかん))妊娠(にんしん)をしなかった場合(ばあい)、赤ちゃん(あかちゃん)のためのベッドである子宮内膜(しきゅうないまく)が剥がれ(はがれ)落ち(おち)ます。この時(このとき)、体外(たいがい)へ排出(はいしゅつ)されるのが生理(せいり)出血(しゅっけつ)です。この時期(じき)は、ホルモンの分泌(ぶんぴつ)が少ない(すくない)量(りょう)となり、血行(けっこう)不良(ふりょう)になって手足(てあし)が冷え(ひえ)やすくなります。面白い無料おすすめオンラインゲームをランキングで紹介しています。
無料のオンラインゲームを探すなら人気オンラインゲーム比較サイトが楽々です。
爆発マッスル

肌荒れ

まず肌荒れに影響のある生理そのもののメカニズムを理解しましょう。

肌荒れ